東京質屋の業務

東京で質屋で掘り出し物を買うなら、まずは質屋のシステムを知りたいと思いませんか?

質屋はまず質屋営業法という法律に基づいて営業している店舗になります。

歴史を遡ると質屋の歴史は鎌倉時代まで遡り、江戸時代に今の質屋の形が確立したといわれています。

つまり、歴史ある業務なのですね。

その質屋のもともとの業務はというと、お客の品物を査定し、それを担保としてお金を貸すということが主となっていました。

しかし時代の流れで質屋も形を変え、今ではリサイクルショップのように買取も行っているのです。

つまり、消費者金融とリサイクルショップ、二つの面を持ち合わせたのが質屋というのでしょう。

ただし、質屋と消費者金融は大きく違います。

質屋はお客の商品の担保価値内での融資になるので、契約期間が過ぎた場合は所有権が質屋に移る、つまり質流れ品となるので、利息が発生したり、必ず返済する必要がないので取立てもありません。

一方消費者金融は無担保であり、必ず返済しなければいけないのです。

つまり、大事な品物は売りたくないけどお金が必要。

しかも消費者金融で借りるのも怖いという人が利用するのが、東京の質屋ということですね。

これだけ歴史あり信頼ある業務なので、逆に質流れ品も信頼おけるのです。