東京質屋の質流れ品

東京の質屋で買い取りしたいのならば、質流れ品がどのようなものか知りたいですね。

質流れ品はすでに説明したように、担保とした商品が期限内にお金の返却がなされなかった場合に質流れ品となるのです。

まず、質入の方法は身分証明書をもって担保としたい商品を持ち込みます。

質屋によってその商品が査定され、査定額に応じて貸付金が決定し、契約書となる質札が出されます。

質屋の良いところは、査定額だけ借りなければいけないわけでなく、必要分だけ借りればよいので、過剰に借りるということにはなりません。

また、査定について不安があるかもしれませんが、質屋は目利きのプロなので安心して良いと言えます。

逆に質屋のものを買取る際もブランド品が偽物であったということがないのも質屋の良い点です。

話はそれましたが、東京の質屋に預け入れをしたら今度はお金の返却です。

質屋の期限は3ヶ月になります。

これについては預け入れ時に、暦月計算と満月計算かを確認した方が良いです。

暦月計算は質入りした月の末日をもって1ヶ月とする計算方法なので、月始めに質入したほうが有利です。

満月計算は質入れした日から翌月のその日を1ヶ月とする計算方法なので、いつ預け入れても安心です。

この期限が過ぎて、延長の手続きもしないと質流れとなるわけです。